So-net無料ブログ作成
コラム ブログトップ

最小限の努力で最大限の結果を [コラム]

7145039f0e355ca043a021804931dcc2_s.jpg
こんにちは!学生PTのふくまるです!
ブログをご覧いただきありがとうございます!


最近"エッセンシャルの思考法”を読み、自分の今の生き方を改めて見直すことができました。
突然ですが、"努力をすれば成功する
この言葉は正しいと思いますか?
僕はこの言葉はある意味では正しく、ある意味では間違っていると思います。
この言葉正しくは正しく努力をすれば成功するではないでしょうか?


正しい努力とは?
例えば、「TOEICで600点以上とる!」というのが目標だったとします。そのために、毎日ひたすら英単語を書き続けるという努力をしました。これでは、TOEICで600点なんてとれませんよね

普段の生活で自分は頑張っていると思っていても、うまく結果に結びつかなかったり、思うようにいかなかったり・・・
それは、正しく努力できていないのかもしれません



8893c661b55a2a2ad0e64156eeb4b2c1_s.jpg
目標を明確に持つ
正しい努力をするには目標を明確にもたなければいけない。自分がどこに向かっているのか常に把握しておく必要があり、努力をする方向性を見失ってはいけません。



69b6bc51ce88618ac9666541d0fe8f41_s.jpg
増やすのではなく、減らす
この目標を達成するには何が必要か?を考える前に何が不必要か?を考えます。
方法や選択肢を増やしていくのではなく、今ある状況から、何を減らしたらうまくいくかを見極めることが大切です



7faea0e4228c569a133d98f14d4a930d_s.jpg
トレードオフ
"何かを得るには、何かを捨てなければならない"僕はこれが一番重要だと思います。何かにイエスをいうことは、ほかのすべてにノーということなのです。どんなに、魅力のある事でも、その目標に沿わなければすべてが無駄な努力で終わってしまいます。


僕の大学に入学した時の目標は「やりたいことは全部やる」でした。これが、いいとか悪いとかではなくて、同時になんでもできると思い込んでいました。
大学生活を今まで過ごしてみて、最近やっと本当に自分のやりたいことって何だろう?と考えてます

目標を明確に、邪魔なものは排除し、本当に大切なことにだけイエスという

”正しく努力して成功する”この考えを大事にしたいと思います!

正しく努力してますか?

最後までお読みいただきありがとうございました!


エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

  • 作者: グレッグ・マキューン
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2014/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



これからPTはどうなるのか? [コラム]

-shared-img-thumb-OZP73_komattasensei20140321_TP_V.jpg
こんにちは!学生PTのふくまるです!
ブログをご覧いただきありがとうございます!

現在ほとんどの大学生は長い春休みに入りました。この、たっぷりある時間をどう使うかは様々です。ある人は、海外旅行に行き、ある人は寝て過ごす。そして、ある人は将来のことを考えてみる・・・
ということで、ちょっと自分の将来について考えてみました! 

最近2016年診療報酬改定が発表されました。改定には2025年の超高齢社会を見据えたものが多いようです。
国が早期退院を後押しして、病院から在宅にシフトチェンジしているのがよく伝わってきます。主なところとしては回復期リハビリテーションにアウトカム評価を取り入れたり、維持期リハビリテーションの介護保険への移行の促進とかですかね

国は「これからどんどん病院の利用者が増えるから、維持期リハは介護分野でやってください」「回復期リハはしっかり成果だしてください」と言っています

PT飽和状態に加え、今回の診療報酬改定もあり、これからは病院以外の分野で働くPTが増えてくるのではないでしょうか?教育、産業保健、介護、在宅、訪問・・・

僕は大学を卒業したら病院で働くのかなーなんて感じにしか考えてなかったですが、これからは病院以外でも自分の居場所を探していくことも大切かなと思います

特にPTの参入がまだ少ない、産業保健や教育の分野は予防という面で見てもPTが活躍する場としては、いいんじゃないかなと勝手に思ってます

まだまだ学生の身ですので、国からのメッセージ、時代の流れ、周りの変化に敏感になり、じっくり考えていきます

最後までお読み頂きありがとうざいました!

自分の体を理解することの重要性 [コラム]

3a9ad58c1ab98b935268130939cd9a60_s.jpg
こんにちは!学生PTのふくまるです!
ブログをご覧いただきありがとうございます!

私事ですが、二か月ほど前から3月にあるマラソン大会に出場することを決意し、トレーニングをしています
その影響もあってか、今まではあまり興味がなかった、箱根駅伝大会を人生で初めてみました!
今年の優勝は青山学院でしたね!

さて、青山学院駅伝チームには、2014年から新しいトレーナーが就任しました
中野ジェームズ修一氏ですね

中野トレーナーが、就任後まず何を選手にさせたか?

それは、選手に体の骨や筋肉の名前と機能を覚えさせることでした

一見走ることに何の関わりもないように思えますが、中野トレーナーはここに成績向上の可能性を見出しました

受動的に選手がメニューをこなす訳ではなく、体の構造を理解した上で自分たちでメニューを考えさせ、どこを鍛えているのか、何のためにやっているのかを選手自身が理解するか、しないかでトレーニングの成果に大きな差が出てくると中野トレーナーは話しています

これが、結果につながった訳ですが、この事はトレーナー業界だけではなくリハビリ業界にもつながるものがあると思います

患者さんへ理学療法を行うとき、ただ行うだけではなく、少しでもどこをどうしているかを理解させることで、その後の患者さんのリハビへの意欲、治療効果にも良い影響が出てくるのではないでしょうか?

「治すのは患者さん自身であり、私たちはそれをサポートするにすぎません」
大学に入学したとき、教授から言われた言葉です

青山学院の選手は走る実感を覚え、自分を感じることが体を動かす喜びにつながった結果、最高のパフォーマンスを出すことができました
患者さんにも、体を動かす喜びを感じさせることが、リハビリの大きな目標になってくるのではないかと思います

最後までお読み頂きありがとうございました!






コラム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。